審美治療と
ホワイトニング

審美治療とホワイトニングの
重要性について

歯並びや歯の色は、その人のイメージに大きく影響を与えるものです。自分の口元に自信がないばかりに、人とのコミュニケーションを尻込みしてしまうことは非常に残念なことです。

esthetics_01

気になる口元の改善や修復は、メンタル面でのサポートにもなると考えられ、生活の質の向上にも役立ちます。そのためには、美しい状態を長く保つことが重要となります。審美性だけでなく、機能性も兼ね備えているのが審美治療やホワイトニングですので、ここでは審美治療の素材の種類、ホワイトニングの施術内容などを分かりやすくご紹介します。

様々な施術がある審美治療

歯科における審美治療は、様々な施術があります。審美治療と言って一番にイメージするのは歯の矯正治療かもしれませんが、歯の一部を削り白い人工物を被せることに加え、見た目の色が気になる被せ物を白い素材に変えることもその一つです。

esthetics_02
この治療は、審美性だけでなく、機能性も考慮しながら治療を進め、患者様が口元や歯の美しさをできるだけ長く保てるような治療を目的としております。

 

POINT

治療した部分を美しく保つためには、定期的なメインテナンスが重要ですので、治療が終了したからと安心せずに受診することが口内環境の把握や歯の寿命を延ばすことに繋がります。

素材の種類と特徴

審美治療に使用する素材に、多く使われているものがセラミックです。セラミックは、使う素材によってその名称に違いがあり、その種類と特徴は以下のようになっています。

ジルコニア
ダイアモンドの素材としていられています。セラミックの中でも審美性や耐久性に優れており、金属アレルギーがある方に適しています。
オールセラミック
完全なセラミックのみの素材で作られており、透明度が高いため審美性に富んでいますので、前歯の回復に適している素材です。
e-max
特殊な素材でできているオールセラミックの一種です。耐久性はやや劣りますが、審美性に優れているのが特徴となっています。
ハイブリッドセラミック
歯科用プラスチック素材であるレジンにセラミックの粉末を混ぜた素材です。適度な硬さと柔軟性が特徴で、自然な歯に近い仕上がりになります。セラミックの中で最も安価となっています。
メタルボンドセラミック
金属の芯材にセラミックの材料を焼き付けた素材です。透明感に優れていることに加え、変色しにくいため、前歯にも適しています。

様々な素材があるセラミックですが、それぞれにメリット・デメリットがあることに加え、費用にも違いがありますので、治療を希望する場合は医師とよく相談しながら納得した上で選ぶことが大切です。

白い歯を取り戻せるホワイトニングについて

esthetics_04

歯の色は、個人差があり加齢の影響を受け変化していきます。また、食事の内容などにも関係し、喫煙者の場合はより歯の色が変色しやすくなります。変色した歯を白くするのがホワイトニングで、身体に優しい薬剤を使って行う施術です。

ホワイトニングはオフィスとフォームの2種類

ホワイトニングには、歯科医院に受診して行うオフィスホワイトニングと患者様自身が自宅で行うホームホワイトニングがあります。オフィスホワイトニングは、歯の表面に薬剤を塗った後、特殊な光を照射して白くします。一方、ホームホワイトニングは、専用のマウスピースに薬剤を入れて、毎日一定時間歯に装着する方法です。

POINT

インビザラインのホワイトニング
esthetics_05
インビザラインとは、透明なマウスピースを装着して歯を整える方法です。この矯正方法は、ホワイトニングとの併用ができることが魅力で、オフィスホワイトイングのみならずホームホワイトニングも可能となる点が、他の矯正方法には無い大きなメリットとなります。